FC2ブログ

トド♪

カーリーは私達の事を・・・


『トト』 『カカ』

と呼びます。
もちろん『トト』旦那で、『カカ』は私です。


でも、普段専業主婦の私といるカーリーはたびたび旦那の事を呼び間違えてしまいます。


旦那が昨日愚痴ってました。
『どうして最初にカカって言うんだよ

あ~。
ありがち(笑)

『しかもカカの次に間違える事が多いのはトドってどういうことだよ
って旦那が


ウケルぅ~!!!!!!!


トドって・・・(笑)


トドと旦那。
わかる~!!似てる~!!
なんかキャラ被ってるところがひどく面白い!! プププゥ~!!


似てるワードだから偶然だとわかっているけど、
あえてトドがチョイスされた感じがハマった・・・(笑)

あ~。
面白い(●^o^●)



カーリーが風邪でダウンしているので自宅待機の週末です・・・

BK


snap_pinksubmarine_201166112349.jpg


T


TB


snap_pinksubmarine_201166113241.jpg





ぽちっと願います❤

号外

いやいや。

うそだよね。


いやいや。
今のはナシだろ。



カーリーがゲップした後に『クサッ。』
って言った。


ダメだろそれ(笑)
誰がそんなこと教えたんだよ~

ダメだ。
ハマった!!いかんと思えば思うほどウケル~(笑)


ごめんね。トロマイビー&カーリー。
お母さん、チョー大事な会議とかで声裏返っちゃったりするタイプの出来事大好物なんだ。

こんな大人でごめんなすって。。。



ナウな出来事なんで、写真なしでごわす。



ぽちっと願います❤

夫婦喧嘩はオヤジに任せろ

今日はTMBK地区も雪でございます。
昨日の夜中に突如思い出した話をご紹介しましょう。

真夜中に私を苦しめたあのオヤジの話です
私と同じく、妄想力豊かな方。
エレベーターに乗る際にはご注意を。。。(笑)




『エレベーターとおじさん。』

とあるスーパーの2Fにて。
不穏な空気の夫婦がおりました。
理由は、1Fに行くはずがのエレベーターのボタンを押したという些細な事。
駐車場は上昇階。
このまま帰るか、1Fに行くかいざこざを起こしていると。。。

チン。

上昇エレベーターがきた。
近くにいたオヤジが乗り込みます。
私達はどうするかプチ迷惑そうに気にした素振りを見せたので、
『すみません。間違えたので行ってください。』
と丁重に送り出した。

ややマジギレしながらのボタンを押す。

チン。

下降エレベーターがきた。

扉が開く。オープン!!

あら不思議❤
先ほど見送ったオヤジがお出迎え❤


事態が飲み込みきれない私達は、とりあえず下に行くエレベーターであることを確かめてから乗り込む。
行ったはずのオヤジがオープンしただけでもおもしろいのに、さらにオヤジがたたみかける!!

よせばいいのにオヤジが口を開いた!!
『3F押さないと上にいかねぇのかぁ~』とちょっと逆ギレ!!

あぁ~
ようするに、バスの終点は降車ボタンを押さない的な発想で、最上階に行く時は上昇エレベーターに乗り込めば、階数ボタンは押さなくても上に行くと思ったわけだ(笑)

エレベーター的には、上に行きたいって言われたのに、誰もボタン押さねぇなら下行くぞ。コラァ~
って感じだったわけだ!!

つまり。
あのちょっとブンブクレたオヤジを乗せたエレベーターは、上にも下にも行かずその場で待機してたんだぁ!!プププッ(笑)

たった1階下がるだけなのに、一瞬でも気を許したら噴き出してしまいそうなあの緊迫感(笑)
逆ギレしたはいいものの、面白くなっちゃって苦笑いするオヤジ(笑)
死に物狂いで笑いをこらえるTMBK夫婦(笑)
シラーとした顔でオヤジを見つめるカーリー。。。

最後はまだエレベーターから降りる事の出来ないオヤジを笑顔100%でお見送りし、気付けば旦那とすっかり仲直りしていました\(◎o◎)/!!


オヤジさん。
体を張った仲裁ありがとうございました(●^o^●)ププッ。


T






ぽちっと願います❤

反抗期

この前に書いた記事のトロマイを見ていて、
『こりゃ~、反抗期だな(笑)』
って1人で笑ってたら、ある事件を思い出したので、
書いていきます!!


お食事中の方は、終わってから見て頂く事をお勧めします。


『私の反抗期』

小学生も高学年くらいになると、やや親にはむかう術を覚えてきますよね…。
そんな頃の話です。

日光の竜頭の滝とやらに家族で行きました。
寒かったのかなぁ~。
なんでかなぁ~。
今となってはわかりませんが、
私は車から降りるのを拒み、妹を道ずれに車に残る事にしました。

初めのうちは、めんどくさいよね的な感じで姉風吹かせていたと思います。

さほど時間がたたないうちに、完全な便意が訪れました。
もう駄目だ!!間に合わない!!
覚悟を決めた私は、妹を連れて車を降り、親を探しに行きました。

行った事ある方はお分かりになると思いますが、
なんか長い階段を下って行くんですよね。。。

もう私には、一刻の猶予もなく、
仕方なく、妹に見張りをさせて熊笹の草むらの中へ…(笑)
ティッシュが無い事に気づき、妹に持ってるか確認!!

持ってるわけがなく、仕方なく笹の葉を拝借しました。
が、痛くて拭き切れず、パ○ツはあえなく御用状態…(笑)

二ガ~イ思い出となりました(ToT)/~~~

でも、大人になってから見ると、あの笹の草むらは背が低いんですよね。。。
だからなんでしょうね、
今でも、笹の草むらから出てきた時の通行人のおばちゃんの笑顔が忘れられません(笑)


えっ!?お母さん。はっぱ隊ですか!?
B


私も、ビリーたちみたいになんでもオープンに出来たなら。。。
思い出にもならない日常で済んだのだろうね。。。(笑)

ま、いいか。
20年近くたった今でも笑えるし(^◇^)
ホントにいいのか!?



ぽちっと願います❤

熊と言えば…

そうそう。

熊で思い出しました
むかしむかしのお話です。。。


『母と白クマ』
中学1年生くらいの時だと、記憶しています。
合掌作りの素敵なお宿に泊まった時のお話です。

何かを見に行く為に、家族4人で歩いていました。
やや思春期な私と妹は、少し離れて後ろから歩いていました。


白くて大きな人懐こいワンコがいたので、妹とたわむれていました(●^o^●)
なんていうワンコなのかなぁ~???
すごく大きなワンコであった事は間違いなかったです。



すると、前方を歩いていたはずの母が猛烈な勢いで、何かを叫びながら駆け寄ってきました!!
『熊よぉぉぉぉぉぉぉぉ!!』



なわけが無い…(;一_一)
だって、ここは日本です。
庭先で白クマ飼ってるお宅は、たぶん1軒もないだろう(笑)

私の母だから、少し想像がついた方もいらっしゃるでしょうか?!(笑)
はい。このお方、数々の不思議な話をお持ちでいらっしゃいます(笑)


いつかまた、別の機会に。。。




ビリーがジャレつくと、コントか歌舞伎か!?ってくらいによろめいちゃうバァバが、ビリーは大好きなり!!

B


こういう所に、ハマりこんで出れなくなる男に大好きと言われても、嬉しいかどうかわかりませんがね…(笑)





ぽちっと願います❤

感謝❤BYトロマイビー
プロフィール

TMBK

Author:TMBK
筋肉痛が2日後に来るようになりました(泣)チワワとボーダーに囲まれて暮らしています。

HOW OLD1
HOW OLD2
HOW OLD3
良縁祈る
良縁祈る
Wonderful Dogs
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金魚
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる